バストアップには、バスト周りの無駄な贅肉をバストに変えることが必要不可欠です。
マッサージによるバストアップの方法をご紹介します。

・脂肪を流すようにマッサージすること

マッサージのコツは脇の下や鎖骨周りを揉みほぐして、バストへ流すようにマッサージしましょう。
大切なのは、バスト周りにある脂肪をバストに変えるように意識をすることです。

特に二の腕は脂肪が多くある場所なので、二の腕の脂肪をバストに流すように心がけましょう。
またお腹の脂肪を上へと押すように流すことも大切です。
この際に、お腹の脂肪を両手ですくい上げるようにバストを持ち上げてバストを優しく包み込みましょう。

どうしてもバストは重力で下がってしまうので上へ上へと上げていき、形を整えてあげることがポイントです。

注意点ですが、力を込めてバストを揉むのはやめましょう。
バストはデリケートな部分なので、優しくマッサージすることが大切です。
マッサージする際は、クリームやオイルをたっぷり使って行って下さい。
バストアップ用のクリームを使う方が良いでしょうが、まずは自宅にあるクリームを使ってやってみましょう。

毎日やるということが大切で、何事も継続してこそ結果が出るためマッサージする習慣を身に付けて下さい。

・ツボを押してバストアップすること

バストアップに効果的なツボがあるというのはご存知でしょうか。
特に有名なのは、壇中という左右の乳頭の間にあるツボです。
押すと少し痛いのですが、3秒ほど押して手を離して下さい。
これを3から5回繰り返しましょう。

もう一つ有名なのが、天渓という左右両側の脇の下の位置にあるツボです。
高さは乳頭の位置と同じところです。
押すことによって乳腺が発達すると言われています。
乳腺が発達するとバストが大きくなるので、バストアップに繋がるでしょう。

ツボ押しはどうしても即効性はありませんが、マッサージと同様に継続すれば効果はあらわれてくるでしょう。
入浴中にお金もかからずに手軽に出来るのが良いですね。

バストマッサージとツボ押しを継続的に行って、美しく豊満なバストを目指しましょう。
どちらも手軽にできるので、まずは毎日続けてみてください。