HMBマッスルプレス

 

HMBマッスルプレスが選ばれる3つのおすすめ理由

HMBが1本あたりに45,000mg配合

HMBサプリを選ぶときは、HMBがどれくらい含まれているのかが重要となってきます。HMBマッスルプレスは、HMB45,000mg配合されています。1日あたり1,500mgのHMBを摂取できるので、効果は十分です。

またHMBマッスルプレスは、プロテイン約20杯分、サーロイン牛2kg分のHMBを6粒に凝縮。1日たったの6粒で、ボディーサポートの効率性を劇的に向上できます。

 

徹底した品質管理で安心安全!国内GMP認定工場で製造

毎日摂取するサプリメントだからこそ安心安全には注目しておきたいですよね。HMBマッスルプレスは、GMP、HACCP、有機JASの認定を取得している工場で一貫製造されています。

また、最新設備により高い品質で安定した製造おり、1粒単位での丁寧なチェック体制もあるので、安心安全なHMBサプリとなっています。

HMBマッスルプレス購入者の口コミ・評判・レビューまとめ

まだ購入していない段階だとどのような効果があるのか気になりますよね。

そこで、ネット上に載っている実際の利用者の口コミをまとめましたので、ぜひ参考にしていただければ幸いです。

HMBマッスルプレスのポジティブな口コミ

錠剤だから飲みやすいし、運動レベルに合わせて調整するのも都合良く、手軽です。飲み始めたばかりなので、筋肉量への影響は未確認ですが、成分量でのコスパは良い方だと思います。なにより粉末で粉まみれになるとかプロテインシェーカーを振る手間も後片付けもない、続けられる手軽さは魅力的です。

楽天コメントより

 

週2のペースで少しキツ目に筋トレしてます。そのあとに飲むと2日後位にはあ、違うかな?という風に思えます。体重も2kg減りました。

衰えてた筋肉が再生してきたかな?と言う実感もでるので、モチベーションも上がります。商材として良い物だと思います。

ただ、飲んだだけでは効果は出ません。最低でも毎日10分は筋トレしないと目に見えた効果は出ないと思います。

楽天コメントより

 

週に3~4回位ジムで筋トレしてます。
サプリ飲みはじめて1ヶ月位、筋肉のつき方が違います、プロテインよりも早く実感できます。

楽天コメントより

錠剤だから飲みやすいし、運動レベルに合わせて調整するのも都合良く、手軽です。飲み始めたばかりなので、筋肉量への影響は未確認ですが、成分量でのコスパは良い方だと思います。

バルクアップHMBプロの安全性や飲み方

どのタイミングで飲むのが効果的か

基本的にはどのタイミングで飲んでいただいても構いません。食事と一緒に飲むのを推奨しています。

どれくらいで効果を実感できるのか

トレーニングの仕方や実感するのに個人差があるので、明確にお答えすることはできません。数週間~数ヶ月で実感を感じる人が多いので、理想のボディをもとめるのであれば、飲み続けていくことをおすすめします。

たくさん飲んだらより筋肉に効果的か

HMBの1日の摂取目安量は、1日1,000~3,000mg決められています。それ以上、摂取したとしても安全ですが、実感は限られてくるでしょう。HMBマッスルプレスは、1日6~10粒を目安に飲むことがおすすめです。

プロテインと効果は違うのか

プロテインもタンパク質なので、HMBも含有されております。しかし、HMBマッスルプレスでは、1日6粒でプロテイン20杯分のHMBを摂取することができます。

バルクアップHMBプロの成分や特徴一覧

HMBマッスルプレスの成分や特徴をこちらでまとめておきました。

イマイチ分からない専門用語などがございましたら、ぜひ参考にしていただければ幸いです。

HMBとは

HMBはロイシンの代謝産物のことをいいます。ロイシンは筋肉のもととなる筋タンパク質の合成にもっとも重要であるアミノ酸のひとつです。このロイシンが筋肉や肝臓で代謝され、生み出されたのがHMB(beta-hydroxy-beta-methylbutyrate)です。HMBはロイシンの代謝産物のことをいいます。ロイシンは筋肉のもととなる筋タンパク質の合成にもっとも重要であるアミノ酸のひとつです。このロイシンが筋肉や肝臓で代謝され、生み出されたのがHMB(beta-hydroxy-beta-methylbutyrate)です。

ロイシンとは

タンパク質(アミノ酸)を多く含む食品でアミノ酸を摂取すると体タンパク質合成のサポートとなります。特に重要なのは必須アミノ酸のひとつであるロイシンで、体タンパク質の合成を刺激する機能を持つ栄養素です。海外の研究データを見ても、1.5~2g程度のロイシンを含むタンパク質を運動後に摂取すると血中のロイシン濃度が上がり、筋タンパク質合成を最大に刺激できます(図1)。またアミノ酸摂取はプロテイン摂取時と比較して体内への吸収率・速度が高いため、少量の摂取でも血中ロイシン濃度を増加させ、筋たんぱく質合成を増加することができます(図2~3)。もちろん体格差、消化吸収能力やロイシンに対する体内の反応の強さなどの点で個人差はありますが、ロイシンは筋肉をつくるスイッチとして重要な存在です。

 

GMPとは

GMPとは、Good Manufacturing Practiceの略で、適正製造規範と訳されています。原料の入庫から製造、出荷にいたる全ての過程において、製品が「安全」に作られ、「一定の品質」が保たれるように定められた規則とシステムのことです。医薬品では、かなり以前から製薬メーカーに義務として課せられており(通常、日本で「GMP」といえば医薬品を指しますが、化粧品や食品添加物でも業界の自主的な取り組みがすでに始まっています)、最近では中国や韓国といった近隣のアジア諸国において、サプリメントもGMPが法律で義務付けされるようになりました。

 

HMBマッスルプレス