スカルプドライヤーと普通のドライヤーはどこが違うのでしょうか?
普通のドライヤーのデメリットをスッキリ解決して、髪や頭皮に優しく作られたものがスカルプドライヤーです。

・低温乾燥によりキューティクルを守り遠赤外線で育毛効果を高める

ドライヤーは髪を傷めるというイメージを払拭したものが、このスカルプドライヤーです。
スカルプドライヤーは普通のドライヤーよりもやや大きめに作られています。

その温風は最高で60度と低く、乾かし過ぎると傷むと言われている普通のドライヤーと違って、そのような心配もありません。
どれだけ乾かしてもキューティクルの剥がれを防止して、髪がしっとりとまとまります。

また遠赤外線機能が付いているので、低温でもしっかりと乾燥してくれます。
スカルプドライヤーにしかない遠赤外線機能は、頭皮の血行を良くし、育毛効果も期待できます。

普通のドライヤーは、髪の表面から内側に向かって温めていきますが、スカルプドライヤーは中から温めるので、髪の表面を傷めません。

・ブースター振動で直接マッサージして頭皮を柔らかく

普通のドライヤーとの大きな違いの一つに、ブースター振動機能があります。
スカルプドライヤーはこのブースター振動機能により、頭皮を直接マッサージしてくれます。

振動は1分間に3600回の微振動で、マッサージの時の温風は42度なので、頭皮がじんわりと温かくなることが実感できて、とても気持ち良いです。
またマッサージ中のドライヤーの内側を見ると、中が赤くなっていますが、これは赤色LEDが点灯していることを意味しています。
赤色LEDは育毛に効果があると言われていて、研究が進められています。

髪のダメージが少ないながらも、しっかり乾かし振動でマッサージもできる点でスカルプドライヤーは、普通のドライヤーとは大きく違います。
普通のドライヤーでは味わえないとても気持ちの良い頭皮マッサージを実感して、髪のケアや育毛に役立てましょう。