頭皮ケアアイテムのスカルプドライヤーの効果が凄いと話題です。
頭皮だけではなく、エイジングケアにも効果を発揮する万能ドライヤーに注目が集まっています。

・特許取得済みの日本初頭皮改善ドライヤー

スカルプドライヤーは、日本で初めて遠赤外線と美容音波振動を搭載したドライヤーです。
60℃という低温と育成遠赤外線効果で、ほぼダメージゼロのまま髪を乾かしてくれます。

また、普通のドライヤーと違い、専用のヘッドを付けて頭皮を直接振動マッサージすることもできます。
毎分3700回の振動が、頭皮全体を細かく刺激してくれます。

この振動マッサージは、イベントのモニターさんの20人全員が、頭皮がじんわり温まったことを実感したと答えました。
自宅でヘッドスパのような気分を体感できるなんて贅沢ですよね。

この振動マッサージは、温風でマッサージするスカルプHモードと冷風でスタイリングを仕上げるスカルプCモードがあります。
ヘッドも4種類あり、ドライする時のセット用ノズルと振動マッサージをする時の専用ヘッド2種類、更に仕上げのコームヘッドがあります。
大手総合毛髪企業のサロンでも、スカルプドライヤーがホームケア製品としておすすめされているように、話題性も十分なのです。

・じわじわと温まる感覚がクセになるスカルプモード

冷えは万病の元とよく言いますが、頭皮も例外ではなく、頭皮環境を改善するためには頭皮をマッサージし温めてあげることが大事です。
実際にスカルプHモードを行ったとき、頭皮温度は平均7.8度上昇し、頭皮の弾力も110パーセントに改善することがわかっています。
温められて柔らかくなった頭皮は、育毛剤の浸透力も40パーセント上がり、より育毛のしやすい頭皮環境となります。

また、髪の過乾燥もまた髪や頭皮のトラブルの原因となります。
スカルプドライヤーの温風は、一般のドライヤーよりも80パーセントも毛髪ダメージが少なく、しっかり乾かしてもキューティクルを維持できます。
その理由は60度の低温風と育成遠赤外線にあります。

低温風でダメージを抑えながら、育成遠赤外線で髪を内側からしっかりと温めて乾かしてくれるからです。
また、スカルプドライヤーは頭皮そのものだけではなく、頭皮をリフトアップすることで、ハリのある肌を手に入れることもできます。
頭皮環境を育むことで、エイジングケアにも繋がるのです。

・使用方法をきちんと守ろう

スカルプドライヤーは機能性が高く様々な使い方があるため、使用方法には注意してください。
スカルプモードは、長時間やりすぎると地肌を傷つける恐れがありますので、1部位3分から5分、1日2回の使用を目安にしてください。
これはスカルプドライヤーの効果が短時間でも十分に実感できるからです。

小さなお子様が使用する際は、保護者の方が当ててあげるなどして、必ず保護者の監視の下で使用してください。
温感マッサージの際の温度は42度とかなり低く設定されているので、小さなお子様でも保護者が見ていれば使うことは十分可能です。

またスカルプドライヤーは650グラムというドライヤーとしては大型なので、少し重く感じる方もいるかもしれません。
しかし、本体を鷲掴みして使えるようにグリップが付いているので、大型ながらも非常に使いやすいです。

・公式サイトならトリートメントも買える!

公式サイトでは、トリートメント剤のヒートアクティブトリートメントも購入できるようになっています。
ヒートアクティブトリートメントは、熱に反応して毛髪を補修するものです。
本来傷みの原因になるドライヤーの熱を利用するので、スカルプドライヤーとの相性も抜群です。

また、公式サイトにしかないキャンペーンがある時期もありますので、チェックしてみてください。
公式サイトで購入すれば、自宅で待っているだけで商品が届くので、店舗で買って自宅まで持ち運ぶ手間も省けますよね。
また未通電であれば商品到着後8日以内に限り返品、交換できるというアフターサービスもしっかりと付いています。

頭皮ケアアイテムとしてはもちろん、マッサージによるリラックスアイテムとしても使えるスカルプドライヤーは一家に一台欲しいですよね。
スカルプモードで頭皮をもみほぐして、一日の疲れを吹き飛ばしましょう。